車のヘッドライトはプロジェクターランプ

プロジェクターランプで車のヘッドライトを綺麗に

自家用車を持っている方、多いかと思います。
そうでなくても、会社で車を使っている方など、何かしら車に関係している人が日本人には多いです。
今回はその車のヘッドライトについて見ていきましょう。

ヘッドライトとなると、普段乗るくらいなら特別な知識は必要ありませんが、知ってみると意外と面白いものですし、今後車を買う時に選択肢が広がるようになるでしょう。
まず、ヘッドライトの形状には二種類があります。プロジェクターランプと、リフレクターランプです。
プロジェクターランプはレンズを使って集光し、余計な光を周りに逃さず、ロービームの時に光をすべて下向きに照射できるヘッドライトです。これを「配光特性がいい」と言い、スパッと切れるような綺麗な光が作れます。
リフレクターランプは光をリフレクターの上に当て、下に照射するシステムですが、下の方のリフレクターにもどうしても当たってしまうので光が上の方にも霧散し、少し眩しくなります。
性能の面では、明らかにプロジェクターランプが優ります。夜、道を歩いている時、前から走ってきた車のライトがとても眩しいと感じることがあると思いますが、車が上り坂を上ってくるのでない限り、プロジェクターランプだとそういうことがありません。

おすすめサイト

サイズを合わせなくてもいいから安心。ヴェルファイアのフロアマットが買える専門店では、車に最適なフロアマットが揃っているから愛車の乗り心地を最適化してくれます。